プロフィール

ticki

Author:ticki
佐賀県唐津市で小さなペットショップ&雑貨屋をOPENしました(*´Д`*ノシ

2人の仲良しスタッフと
3匹の看板犬(トイ・プードル、W・コーギー)➕1匹の猫(mix)
で毎日楽しく頑張っています♪

「ワンコ・ニャンコとオーナー様、両方の幸せのお手伝いをしたい!!」
そう思って作ったお店です。

雑貨屋さんは
「犬との暮らしをもっと楽しむ!」をコンセプトに、
自分達の大好きなもの、皆さんにオススメしたいものを集めています。

また、キッチン雑貨やリビング雑貨、アロマ商品、スキンケア商品などペットと暮らしてないお客様にも喜んでいただけるような雑貨も沢山置いています。


笑顔溢れる、のーんびり癒しの雰囲気のお店です(笑)
ぜひ、遊びに来てください(*゜▽゜*)☆


Too-ticki 
佐賀県唐津市相知町中山3750-6
0955-62-2725

営業時間 9:00~19:00
定休日 毎週月曜日・第3日曜日

Too-tickiの雑貨たち・美容予約のお問い合わせなどなど・・お気軽にどうぞ☆

どうぞーっっ(*´д`)ノシ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム

あみのこと。

DSC_0019_convert_20140827104436.jpg

こんにちわ。

あみ

です。





エド、タハティ(エンジェル)

そして我が娘のティキ



3わんずに今回まさかの1にゃんが仲間入りしました。


フェイスブックなどには事の成り行きを事細かに書いてはいたのですが・・・

こちらではお初にお目にかかります。




今年の3月30日。
埼玉にて・・旦那くんとお出かけしようとしてた矢先



我が家駐車場に・・

正確には我が家の車の下に倒れていた子です。



どうやら事故にあった直後の様子。

とりあえずどんな状況なのかを確認するため車の下から出そうとすると



シャー!!!と言いながら逃げようとする。


でも身体がうまく動かず、頭を地面に引きずったまま。麻痺している様子。



ああ、これは轢かれたなぁと・・・分かりました。



このまま放置すればどうなるかは分かっていました。

助ける=動物病院に連れて行くのは簡単なこと。



でも、そもそも助かるの?

助かったとしてその後は?



この子は飼い猫かもしれないし、野良かもしれない。



野良だったら?

誰が飼うの?

もしも後遺症が残ったら?

治療費はどうするの?我が家に払える?



こうゆう状態の子は自然という大きなくくりで考えれば

動物として寿命なのではないか。




一瞬のうちに考えました。

旦那くんにもそう伝えました。



どうする?と。

助けないという選択もあると。



それ伝えることで、旦那くんが私をどう思うか。

それも考えました。



この仕事をしていて、

微力ではあるけれど、抑留所や保護犬活動のお手伝いもさせていただきました。



その中で、「命を助けることだけがその犬や猫にとって幸せとは限らない」ということ

「助ける」ということには「大きな責任が伴う」ということを

学びました。




この猫にとって何が一番いいのか。

それを考えた上で、どうする?
私たちには何が出来る?と。

そして私たちは<病院へ連れて行く>という決断をしました。


o0800060012895890121_convert_20140827104714.jpg

その日のあみです。
点滴と麻酔でボーっとしてますな。

あみは頭を強く打っていたため、下半身の麻痺とふらつきがありました。

手足に擦り傷や切り傷があるものの、その他骨折や内臓の損傷は見当たらなかった。



頭(脳)の症状を詳しく知るにはCTやMRIを撮る必要があるけど、その病院には無いといわれ。

たとえ検査して脳座礁や頭蓋骨に骨折があったとしても手術することはできないそうで。

その後2、3日は食事を取らず。というか、取れず。

点滴だけで過ごしていました。

頭を打っているし、これから先下半身の麻痺がどれほどでるかも分からない。

視力や聴力にも障害がのこるかも。

排泄も今のところ垂れ流しの状態で、今後もしかしたら自分でできないことも考えられる。



野良であること、このまま食事や排泄が自力でできないなら、

つまり「介護が必要な猫になる可能性が高い」なら
「安楽し」という選択もあるといわれました。

(↑には「し」という漢字が入るのですが、ブログの設定上使えなかったので^^;」



もうね、号泣ですよ。
実はね、自分の中で、その選択肢もうっすらあったんです。

助けると決めた時点で、それも含めて「責任」だと覚悟していたけど、やっぱりきつかった。

あみと出会ってから数日しか経ってなかったけどもうとっくに情がうつっていました。



でもね、でもね。

なんとなんと。

この「安楽し」の宣言をうけたその日の夜に。



ご飯を食べ始めた!!と獣医の先生から連絡が(笑)



私にはこれはあみの「生きたい」というメッセージに思えました。
そして、なんとかあみが幸せになるように、今の自分にできることをやろう!と思いました。

その後1週間、全部で2週間の入院を経て、無事退院したあみ。
一旦我が家に連れて来ました。


2014-04-14-19-47-05_deco_convert_20140827111901.jpg



退院した日のあみ。

まだ緊張してます。
腕に抱かれるのもぎこちない感じですね。
抱っこは嫌がるし、お部屋の隅から全然出てきませんでした。

小さな物音や、私たちが動くたびにビク!っとして
「いつでも逃げれる体勢」でした。^^;


保健所や市役所への連絡、
迷い猫掲示板などで元の飼い主さん、そして新しい飼い主さんも同時に探しました。

ただ、

事故猫であること、(後遺症が全く予測できないこと)
あみの歯や毛の状態から老齢であるということ(どうやら8歳から10歳くらいかも?と)

を考えると新しい飼い主さんは正直きびしいかなぁって思っていました。

実際、猫のボランティアさんやいつもお世話になってる仲間さんたちに聞いても
答えは同じでした。
新しい飼い主さんは厳しいだろうって。

でも、公私共にお世話になっているお友達チワワママさんに言われたんです。

「あみが自分で自分の運命を決めるよ。」って。
「人はそれをサポートするだけだよ」って。

あみの「生きたい」というパワーを信じてみようと思いました。



いやこうやって書いてるとスラスラと進んでいるように思えますが^^;
本当は何度も迷ったし悩みました。

助けたことが正解だったのか、

実は自分のエゴであみの運命を捻じ曲げただけなんじゃないかって思ったこともありました。

心折れそうになるたび、色んな方に電話をしアドバイスを頂きました。
皆さんも何度もあみの近況を聞くお電話をくださいました。。

そうやって
色んな人の助けやアドバイス、色んな思いや葛藤を経て・・・・




そして6月末。
あみはとうとう我が家の子になりました。

元飼い主さんも、新しい飼い主さんも見つからなかったー(笑)

o0800060012997506163_convert_20140827113425.jpg



これが今のあみです。
自由か!!(笑)

お腹丸出しで寝ておりやす。
しかもソファーのど真ん中。


もうね、びっくりするぐらいの甘えん坊さんです。
そして、やはり猫!

気の強い面もお持ちです(笑)

我が家のおなごはなぜこうもみんな気が強いのか・・・・^^;
いや、実は気が弱いのを隠すための強がりかもしれませんね(笑)

DSC_0022_convert_20140827104533.jpg

ITNのみほちん先生に頂いたあみベッドがお気に入りです(๑´ლ`๑)


これから先どうなるんだろう。
元気なように見えても「事故猫」に変わりなく、
たまーに後遺症のようなものも見えます。


1409104342424_convert_20140827105948.jpg

先のことを考えれば心配だらけだけど・・・
今ここにあみが居てくれることに感謝しつつ、楽しもうと思っています。

あみが我が家を選んでくれたと信じよう。うんうん。



エド 12歳

あみ10歳(推定)

ティキ7歳

これがToo-tickiのスタッフわんずです。
年齢が若干・・・いえ、だいぶ高いスタッフーではありますが(笑)

私にとっては、新しいにゃんこ先生です。


どうか皆様、これから宜しくお願い致します。

1409104340473_convert_20140827110007.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

☆Facebook☆
facebookページ作りました☆
Too-ticki

Facebookページも宣伝
RSSフィード
リンク